信頼できる工務店の選び方

工務店選びのポイント

地元の業者を選ぶ
一般に、その地域で永続的に営業活動を続ける業者であれば、手抜き工事などをして評判を落とすことは致命傷になりますので、良心的な工事を期待できます。
工務店にとっても、現場が近いことで管理もしやすく、下職も近くの人が多いことから経費も割安となります。そして、地域の気候・風土などを良く知っていることから、その土地の自然条件・環境に適した住まいづくりが期待できます。
人柄を判断する
建築主にとって依頼する工務店の社長や社員が、信頼できる人物かどうかは大事なポイントです。
社長が不誠実な人物であったり、態度の悪い職人などがいる会社は、おのずと施工品質も粗悪になりがちです。特に依頼者の話を良く聞いてくれる人物かどうかを見極めて下さい。
建設業法に基づく許可業者であること
工務店を含む建設業は許可制度であり、建設業を営もうとする者は、軽微な建設工事を除いて、建設業の許可を取得しなければなりません。
ここでいう「軽微な建設工事」とは、工事一軒の請負代金の額が「建築一式工事以外」の工事にあっては500万円未満の工事、「建築一式」工事にあっては1500万円未満又は延べ面積が150嵬にの木造住宅の工事のことです。
リフォーム業者の中には、一件の工事が少額な場合、建設業許可がなくても営業が可能であるため、この非許可業者が存在します。
許可業者であれば、事務所の目の付く場所に建設業許可証を揚げており、各都道府県庁の建設業者を管轄するセクションにおいても、業者ごとの許可書類を閲覧することができます。そのファイルのなかには、その業者の決算書や工事経歴など様々な情報が掲載されておりますので、工務店選びの有効な判断材料になります。
専門資格者がいること
住宅の設計及び工事監理を行うには建築士(一級、二級、木造)の資格が必要です。
これらの有資格者を抱えている工務店、有資格者がいなくても設計事務所と協力関係のある工務店であれば、意匠・構造ともにセンス良質な住まいづくりを提案してくれるでしょう。

地域の工務店を検索する

商談時の注意事項

工務店検索


このページの先頭へ