信頼できる工務店の選び方

商談時の注意事項

住まいのイメージを提案する

建築主は、自分たちの住まいのコンセプトを具体的にイメージして、それを工務店に伝えることが大事です。最近では「VST」などソフトウェアによる3次元のCG画像を使ってより具体的な打合わせを行うことができる工務店も増えています。 そうした住まいづくりに対して、プロとしての見識あるアドバイスをしてくれる工務店を選びましょう。優れた提案能力があれば、仕事自体にも期待が持てます。
明細見積もりを提出してもらう
工事種別ごとに数量や単価が明記された明細見積書を提出してもらうことが大切です。一式見積もりではいわゆる「ドンブリ勘定」になることがあり、素人の建築主では、詳細をチェックすることが難しいものです。
見積書のチェックは、仕上げ表や仕様書、設計図書などと照合して、適切なものであるかどうかを検討しましょう。
契約は3点セットで
契約書には工事金額の他に、工事費の支払い方法、工事期間、工事の範囲などを明確にし、この契約約款に加え図面、見積書の3点セットで契約を結びましょう。
建築請負契約書の作成代行を行う行政書士に、書面の作成を依頼することも有効です。

地域の工務店を検索する

工務店選びのポイント

工務店検索


このページの先頭へ