全国の工務店訪問

マクス 【静岡県】

「こだわりの木の家」株式会社マクス 静岡県富士市

日本三名山の一つ「富士山」。
その麓に広がる静岡県富士市で、宮大工の流れをくみ「木の家」造りに強いこだわりを持ち続けてきた株式会社マクス。
近年、新たな取り組みとして始めた、欧州の伝統軸組木造 「ティンバーフレーム」について4代目の鈴木専務に伺ってみた。

- ティンバーフレームとは?

日本の軸組工法と同様に、金物に頼らず木を組む技術です。
特徴は使用する柱と梁が太い事。
弊社では要所に8寸角(24cm×24cm)の柱と梁を使います。
ティンバーフレームで家造りをする最大のメリットは「丈夫で長持ちすること」それにつきます。
弊社では、非常に腐りにくいカナダのレッドシダーという木を使用しています。
また、それを大きく使用することで高い耐久性も実現しています。


- 建築コストも高いのでは?

在来木造住宅と比較すると坪単価は上がりますが、長く住むことでその差は埋まってくると思います。
耐久性とは目に見えない予算です。
最近、家の寿命は25〜30年などと言われていますが、日本の寺社仏閣は何百年も現存しています。
民家でも200〜300年も経て、今なお現役の家が多くある事も事実です。
何が違うというと、柱なり梁を太く大きく使っているからです。

お客様に、強く問いたいのですが、35年の住宅ローンを完済する前に建て替えをしないといけない。
1,000万円位かけてリフォームしなければいけない。
そういう家を造ってしまっていいのでしょうか?
自分が一生そこで住み続けられる、子や孫に資産として残せる家・・・
そのような家造りを弊社ではサポートして行きたいと考えています。


- 当工法の物件はインターネットコンペで受注したそうですね?

当初、お客様は鉄筋・鉄骨などの丈夫な造りを希望されていました。
木造も弱いわけではないと提案し、17社の中から当社を選んでいただきました。
一ヶ月間のやり取りの中で、お客様が夫婦揃ってバイクが好きと聞き、家の中にタイル貼りのスペースをつくり、雨の日でもバイクいじりが出来る様にしたプランを提案させていただきました。
お客様のご要望とライフスタイルまで含めた提案シートが決め手になったようです。
建築状況を、現場より毎日更新しているので良かったら見てください。
株式会社マクス 「日誌」

取材の前日に上棟作業が行われたとのこと。
完成は4月の予定。

- 今後、目指す家造りは?

家を建てた後も、末永く面倒を見ていくことが地場工務店の存在意義であり、魅力でもあると思っています。
地域のお客様を大事にして長くお付き合いをしていきたい。
例えば、ビス一本緩んだ、水道のパッキン一つを取り替えるでも、喜んですぐにお伺いするという会社の体制を今後も続けて行きたいと思っています。
弊社の社長はお客様のお子さんの結婚式に招待されていたりします。
形が変わっても父(社長)と同じような道を歩んで行きたいですね。

- これから家を建てようと思われている方へ、工務店選びのアドバイスを一言!

工務店のメリットの一つに、現場を常に公開している点があります。
建築中の現場に行くことで、大事なところが見えてきます。
現場に行かれたら、この木は何の木なのか?産地は?樹齢は?など、お客様が素朴な疑問として感じるようなことでもどんどん質問してみて下さい。
お客様の質問に明確に答えることができ、不安や疑問を解消することができる知識を持った人が現場にいるかということも工務店選びのポイントになると思います。
良い面と悪い面をしっかりと教えてくれることがベストですね。

お客様の不安を取り除き、納得して頂ける為の道具として、無料設計相談では提案シートとともにモックアップも作成している。 社長の趣味でもある木彫刻。
前落語協会会長の三遊亭圓歌氏も熱烈なファンだそうだ。

釣り好きが高じて北海道の水産学部を出た後、一時は養殖関連の仕事に就いていたという専務の鈴木氏。故郷に戻り、努力の末、昨年一級建築士に合格。
建築業界では異色の経歴であるが、まったくの異業種から業界に入ってきたため、旧態依然とした慣習を客観的に見ることができたと言う。
Web2.0の流れを受け、Blogなどにも積極的に取り組み、自社のホームページも本を読みながら独学で作成されたとのこと。
ただし、入り口はデジタルでも出口はやはり人と人の繋がりになる。
価格や工法も重要だが、長くお客様とお付き合いするために一番重要なことはお客様とコミュニケーションをとることだと考えているそう。
お互いに信頼を深め、お互いの理想が合致したときに本当にいい家が出来るという。
会社の理念でもある「とこしえ」とは「ながくかわらずいつまでも続く」様子を意味するもの。
社長である父の考えを受け継ぎ、お客様を大切にして末永くお付き合いをしていきたいとの熱い思いを感じることができた。

施工例

富士市 S邸
2006年3月竣工
南側が崖で、建て替え前は殆ど日が当たらなかったのですが、スキップフロアにして、敷地を上手く利用し、光あふれる建物に仕上げました。

株式会社マクス

代表者 代表取締役 鈴木将之
住所 静岡県富士市大渕3256-2
TEL 0545-36-2882
FAX 0545-36-2284
E-mail k-suzuki@macs-inc.co.jp
営業エリア 静岡県東部
主な工法 在来木造工法
ホームページ

工務店検索


このページの先頭へ