全国の工務店訪問

スルガ建設 【神奈川県】

「世界の快適を湘南の風にのせて」株式会社スルガ建設 神奈川県横浜市 「世界の快適を湘南の風にのせて」株式会社スルガ建設 神奈川県横浜市

全国的にも工務店の激戦区として注目されることが多い神奈川県。
その中心地の横浜市で家づくりに明確なコンセプトを掲げ、お客様の支持を得てきたのが株式会社スルガ建設だ。
従来の工務店という概念にとらわれず、常にオリジナリティの高い家を提供されている同社の折戸社長に、家づくりに対する信念をお伺いした。

- 家づくりに3つのコンセプトをお持ちだそうですね?

当社はデザイン、断熱、構造を家づくりの基本コンセプトにしています。
デザインは、もちろんオンリーワン。
輸入住宅を扱っていますので、北欧、北米、南仏など様々なスタイルに対応しており、お客様からのヒアリングをもとに好みに合ったものを提案させていただいています。

断熱は、発泡ウレタンを使うことで高気密・高断熱の魔法瓶のような家を実現しています。
比較的高価な資材ですが結露による建物内部の腐食を防ぎ、家を長持ちさせてくれます。

構造は2×4工法に加え、社内では“骨太君”と呼んでいるダブルスタット工法も採用しています。
この工法は通常の2×4工法の2倍の構造材を使用することで、従来よりも安全性に優れた家を提供できます。


また、これらに加え、最近では“ロハス”の考え方も取り入れています。 住宅から排出される二酸化炭素は総排出量の約20%を占めるといわれています。
そうした状況を少しでも改善していきたいと考え、当社は「チーム・マイナス6%」にも加盟しています。



※京都議定書における日本の温室効果ガス排出量6%削減を実現するための国民的プロジェクト。

家づくりについて熱心に語ってくださった折戸社長(上)と同社のこだわりのエントランス

- お客様との打ち合せの時間を大切にされていると聞きましたが?

お客さんにとっては一生に何度もある買い物ではないので、造り手として誠意をもってお話をさせていただいています。
はじめていらっしゃるお客様でも、できるだけ専門用語を噛み砕いて説明するように心掛けています。
最近はインターネットを通じていらっしゃるお客さまも多いですので、ホームページにも家づくりのスケジュールを載せたり、モデルプランの詳細を載せたりしています。
さらにコスト・シミュレーションをつかって、家の仕様や、原価の公開もはじめました。

こうした取り組みで、具体的な家づくりを始める前に当社の家づくりの考え方や方針等を十分に理解していただくように心がけています。


- 女性の視点を大切にされているようですが?

これは特に常務が中心となって広めている考え方なのですが、家に居る時間が最も長いのは女性なのです。
例えば、家を建てて50年経った時に奥様達が「私の人生一体なんだったの」と思うような家にはしたくはありません。
女性は、子育て、家事、さらに場合によっては介護など、家の中でも大変な労力を使っています。
そんな女性たちに今よりも自分の時間を使えるような家づくり、住み方、生き方をしてもらい、もっとイキイキしてもらいたいと考え、ブログなどを活用してPRしています。

ショールームの天井を見上げると・・・
思わず息を呑んでしまうほどの美しさだ。

- 今後、目指す家づくりは?

当社は、今後もお客様に対して嘘のない「誠」の心で接していきたいと考えています。
その具体的な手段のひとつとして、すべてのお客様に透明性の高い見積もりをご提示いたします。
例えば、家づくりを具体的に考え始められたお客様には、個々の建材の機能や原価なども丁寧に説明しています。
当社の見積もりでは石膏ボード1枚から拾って積算しています。
ですから、お客さまにしても見積もりの段階で何を使っていて、それがいくらなのかというのが全てわかるようにしています。
そのような、透明な関係を築くことでお客様が不安に感じる要素を取り除けるよう努力しています。


また、お客様が希望通りの家をより安心して建てられるように、土地も含めたトータル・プロデュースも行っています。


- これから家を建てようと思われている方へ、アドバイスを一言!

他の商品では、よく「人でものを買う」といいますが、家づくりにおいてはあえて「人でものを買うな」と助言したいと思います。
家は生涯の買物の中でも最も高いもののひとつです。
何度も買えるものではないので、人で選ぶのではなく、そこの会社の知識や技術力をよく考えて選ぶことが大切です。
「この人はいい人」とか「フィーリングがあった」とかいったことではなく、その会社の人がきちんとした家づくりの志を持っているのか、資産価値のある家づくりをしているのか、といったことをトータルで判断していくのが一番ではないでしょうか?
今はネットにさまざまな情報が掲載されているので、最初に家について相談する際には、それを活用すればその業者が良いのかどうかある程度判断できるのではないでしょうか。

廊下奥がお客様との打合せルーム。
天井・床とも無垢材使用で心地良い壁も珪藻土素材。
和室の打合せルーム。
竹や化粧石をあしらってモダン風に。

取材の中で「これまでは不透明な部分が多かった建築業界に一石を投じたい」と語ってくれた折戸社長。
積極的に住宅、建材関係のフェアにも赴き、最新の技術を自分の目で確かめることで自社のコンセプトを形にするための努力を続けておられるとのことだ。
工務店ならではの家づくりに対する強いこだわりとともに、「お客様と誠実なお付合いをし、信頼される業界にしていきたい」という信念を感じることができた。

施工例

横須賀市 O邸 施工例1 施工例2
2005年6月竣工

部分的に国産仕様を取り入れた2×4輸入住宅は新スルガスタイルカラー。
住む愉しさをデザインするオンリーワン住宅。

株式会社スルガ建設

代表者 代表取締役 折戸信行 スルガ建設 社屋
住所 横浜市戸塚区矢部町35番地
TEL 045-869-6880
FAX 045-861-7588
E-mail info@suruga-style.com
営業エリア 神奈川県全域、東京都全域
主な工法 2×4工法
ホームページ

工務店検索


このページの先頭へ